眠れない,不安

マインドガード

眠れないときの不安

眠れない、って不思議といえば不思議です。
眠れないなら起きていればいいじゃないか、と、眠れない不安を
持ったことがない人は言います。

 

確かにそれも一理あると思いますが。。
実際、そうなのかもしれません。

 

人間、眠れないといっても永遠に眠れないわけじゃないので
体が限界になったら嫌でも眠ってしまうんでしょう。

 

専門的なことはわかりませんが、眠れなくて体調が悪くなることは
あっても、死んでしまうことはないんじゃないかと。。

 

 

じゃぁ、何でそんなに不安になるか、ということですよね。

 

私も極度の不眠症を患って、最初の頃はそうでもなくても
だんだん眠れないことに不安と恐怖を持つようになりました。

 

初期の頃は、「また今日も眠れなんじゃないか」というくらいでした。

 

その頃は結婚して家庭にいて、仕事もしていなかったので、
気が紛れることがなかったのも行けなかったのかもしれません。

 

そういう環境の変化(それまでは働いていた)も、不安に拍車をかけたの
かもしれないなと思います。

 

また、それまで「眠れない」悩みがなかったので、どう対処していいか
わからず、意味もなく不安になったのかもしれないとも思いますね。

 

今から思えばそんなに不安になる必要なかったのに、と思います。

 

 

でも、なぜか、「眠りたい!」という強い欲求が出てきてしまうんですね。
眠れさえしたらほかには何もいらない、などと思ったこともあります。

 

そして、眠れないことがいつも頭の中にあって、他のことが楽しめない、
何をやってもつまらないというようになっていきました。

 

この辺からもう神経がちょっと参っていたんだと思います。
そして、誰にも理解されない不満やストレスも抱えていたのかもしれないですね。

 

どうしても眠りたい、ということで、神経科に行きました。
薬(安定剤と入眠剤)をもらって服用するようになりました。

 

でも、入眠剤はすごく軽いものだったので、最初の何回かは眠れても
すぐに効かなくなってしまいました・・・

 

そうなるとさらに「眠り」に執着していくんですね。
さらに強い薬を出してもらって、それでも眠れず、夜中に布団から起きだして
じっと座って重たい気持ちや恐怖を抱えて座り込んでいました。

 

その後はもっと強い薬を使うようになり、これ以上強いものはない
というところまで行ってしまいました。

 

 

薬だけに頼ったのが間違いだと思います。
もっと体を動かすとか、民間療法でもなんでも試してみて
思いの方向を変えればそんなに深刻にならずにすんだのかもしれないと思いました。

 

ともかく、薬は悪いです。
特に強い薬は依存性が高くなって、本当に精神の病気になってしまいます!

 

ほんとはあんなに薬を飲まなくても良かったんじゃないかと今では思っています。
私の場合、不眠以外に精神的な疾患というのはなかったと思うので
余計にそう思いますね。。

 

眠れなくても、ドーンと構えている、少し楽観的に考えるくらいのほうが
いいんじゃないかと思います。

 

 

強い薬を常用するようになって、はじめて「これじゃいけない」と思って
いろいろな方法を試すようになりました。

 

完全に薬と縁が切れるまでには大変なこともありましたけど、
今では薬は飲んでいません。