不眠,病院

マインドガード

不眠と病院

眠れない、そんな日が続くとまず精神的に参ってしまいますね。
一日くらいだったら眠れない日があっても我慢するけど、それが続くとツライ!

 

そういう日から逃れたくて、病院に行くことになりますね。

 

病院でも何科に行くか、ということですが、だいたい精神科か心療内科でしょう。
病院に行くと、最初に問診があっていろいろな話をします。

 

精神科の場合は、カウンセラーさんが話を聞いてくれることが多いです。
普通の科の問診とはちょっと違う感じです。

 

問診自体治療の一部という感じですね。
かかる時間も20分から30分と、眺めのことが多いです。

 

いろいろプライベートなこともはなさないといけないこともありますが、
できる限り本当のことを詳しく話したほうがいいと思います。

 

 

治療は?

医師にもよるかもしれませんが、眠れない日が続く、という場合、
精神安定剤や入眠剤を処方されることが多いのではないかと思います。

 

若い方には薬を飲ませたくないという医師もいて、その場合はすぐに薬を
処方してくれるかわかりませんが、あまりに状態がひどければ対応してくれると思います。

 

どういう処方がされるのかは病院や医師の方針によって違うと思います。

 

私も最初は安定剤と入眠剤を出されました。
初めてそういう薬を飲んだので、最初はすぐに効果が現れました。

 

眠れない悩みというのは、眠れない事実よりもそのことに対する不安の
ほうが大きいのではないかと思います。

 

少なくとも私の場合はそうでしたね。

 

眠れないとだんだん体もだるくなって、気持ちも滅入ってくる。
そしてそれが続くとうつ的な気分と不安とが入り混ざってきます。

 

夜が来るのがコワイ、と思ったりします。
なので、そういう時には精神安定剤のほうが効果があったかな、と思います。

 

薬を飲むと確かに不安が消えていって、安心した気分になるんですね。
それだけでもう幸せ!と思えたりします。

 

安定剤って、手術をする前にも飲みますが、飲むと手術台の上に乗っても
大船に乗った気分になるというか、なんでも来い!みたいな気持ちになります。

 

私も飲んだことがありますが、あの効き目はすごいですね。

 

でも、ということは、安定剤でも場合によってはかなり強いということですね。

 

 

やっぱり薬は飲まないほうがいい

病院に何年か通って薬も飲んでみましたが、結論から言うと
「薬は飲まないほうがいい」ですね。

 

不眠症になってみてわかるのが、眠れないことそのものはそれほど大きな問題じゃない。
眠れないんじゃないか、という不安や、普段の生活全般がくすんで見えたり
気力が萎えてしまうのが問題なわけだと思いました。

 

なので、精神をリラックスさせることが大事だと思います。
精神安定剤的な役割を果たしてくれるものを見つければ、不眠症の時の
精神状態はかなり改善されるんじゃないかと思います。

 

そして、その結果薬を飲まなくてよくなれば理想的ですね。

 

私がやってみて効果があったのは、瞑想とかサプリメントですね。
あとは太陽の光を浴びること、1日に1時間以上は歩くこと、でしょうか。

 

外に出るのはともかく大事で、ガラッと気分が変わりました。
何も遠くまで行かなくてよくて、近所を散歩するだけで違います。

 

玄関を出て1分もすると、気分が変わるのが自分でもわかりますね。
ともかく閉じこもって鬱々考えているのが一番ダメです。